稀有の銘木『紋紅木』にかよう、入魂の技と天賦の気品。

逸品中の逸品、紋紅木を素材に入魂の技が磨きあげた名品の誕生です。
手造りの深い味わいと、紋紅木がかもす天賦の気品と玄妙な響き。
まさに至宝の輝きをもつ三味線といえましょう。
その稀有な素材である紋紅木は、亜熱帯地域の極めて限られた風土にのみ
生息する灌木の一種で、特異な植物繊維とある種の物質が融合化成し、
木質は、直截強靱。
ライトブラウン色の木肌は永い歳月の裡に藍黒色の斑紋を散りばめ、その稀少で
鮮かな紋様が紋紅木と呼ばれる所意以となっております。

ki
紋紅木の優れた硬度

三味線に使用される硬木のなかでも、硬度に優れた紅木は
高級素材として知られています。
しかし紋紅木に優る硬度・耐摩耗性と、見事な紋様をあわせもった材質は、
今日に至るまで未だ発見されておりません。
紋紅木の硬度を他の材質と比較してみますと、花梨より1.53倍、
黒檀より1.28倍、紫檀より1.30倍、紅木より1.25倍と、いずれも硬い材質を誇っております。
比重は1.38を示す稀少樹、紋紅木こそ、私ども邦楽器製作に携わる者への、
雄大な自然からの素晴らしい贈物といえましょう。

パンフレットを希望の方はお気軽にご連絡ください

copy right 2004-2006 beni-ya, inc. allright reserved

お気軽にお問合せ下さい。

※価格¥600,000-から